多田武彦

合唱

男声合唱の名曲、多田武彦の「梅雨の晴れ間(柳河風俗詩より)」、歌詞の意味を読み解いてみよう

多田武彦作曲、北原白秋作詞の男声合唱組曲「柳河風俗詩」の4曲目、「梅雨の晴れ間」の歌詞の意味を読み解いています。「水ぐるま」の説明、「忠信」が登場する歌舞伎の演目「義経千本桜」の説明、「花道」「隈取」「狐六法」などの歌舞伎用語の説明、詩全体で描かれている風景の説明などを書いています。