【阪神タイガース応援ブログ】メル・ロハス・ジュニア外野手とラウル・アルカンタラ投手の阪神入りが濃厚に!

阪神タイガース
スポンサーリンク
Pocket

12月11日現在、メル・ロハス・ジュニア外野手とラウル・アルカンタラ投手の阪神入りが濃厚になっていると報じられています。

二人とも2020年シーズンは韓国KBOリーグでプレイしていて、メル・ロハス・ジュニア外野手はホームランと打点の二冠王、ラウル・アルカンタラ投手は20勝を上げて最多勝利投手に輝いています。

すでに野手ではサンズとマルテの残留、投手ではガンケルとエドワーズの残留とチェンの加入が決まっていますので、ここにロハスとアルカンタラが加わればさらに助っ人が強力になりますね!

今回はロハスとアルカンタラについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

メル・ロハス・ジュニア外野手について

メル・ロハス・ジュニア外野手の今シーズンの成績

【映像】メル・ロハスJr.選手のヒット・ホームラン・好守備 韓国リーグ二冠王のスイッチヒッター! ゴールデングラブ賞も獲得! 阪神でも活躍できるか?!

こちらが今シーズンのメル・ロハス・ジュニア外野手の活躍をまとめた動画です。

メル・ロハス・ジュニア選手は両打ちの外野手で現在30歳、2020年シーズンは韓国KBOリーグのKTウィズでプレーし、主にライトを守っていたようです。

ホームラン47本・打点135の二冠に輝いた他、得点116・塁打374・長打率.680・OPS1.097もそれぞれリーグトップを記録しています。

また、打率も.349と高い数字を記録しています。

メル・ロハス・ジュニア外野手のプレースタイル

長打も打てるし率も残せる選手ですが、情報によると右打席の方が率が高くて左打席の方が長打が多いという、普通とは逆の特徴があるみたいです。

左打者に不利な浜風が強い甲子園球場でどうなるかが少し心配なポイントですね。

足も遅くはないようで、2018シーズンには18盗塁を記録しています。

韓国ではゴールデングラブ賞を受賞していますが、韓国のゴールデングラブ賞は守備の成績だけで選出されるのではなく日本で言うベストナインのようなものだそうで、守備に関しては少し未知数な部分も多いですが下手ではなさそうです。

まあ、普通に守れるのではないでしょうか。

メル・ロハス・ジュニア外野手に期待するのは?

阪神にはすでにサンズとマルテがいますから、この二人との競争になるでしょう。

おそらく一塁に一人、外野に一人と言う外国人起用になると思いますので、ロハスが外野、一塁でサンズとマルテが争う事になると思います。

もちろんロハスがダメだった場合は今シーズンと同様、一塁にマルテでレフトにサンズと言う事になると思いますが……

打順は今シーズン苦労した3番を任せられるとありがたいですね。

近本、糸原、ロハス、大山、サンズ(マルテ)、みたいな打線が期待できると思います。

成績としては3割、30本、100打点くらいを望んでしまいますが、あまり高望みはせずに2割6〜7分、20本、7〜80打点くらい上げてくれればとりあえず及第点と言う事で良いのではないでしょうか。

ラウル・アルカンタラ投手について

ラウル・アルカンタラ投手の今シーズンの成績

【映像】ラウル・アルカンタラの投球、奪三振集 韓国リーグの最多勝! 150キロを超えるストレート! 切れ味抜群の多彩な変化球!

こちらが今シーズンのラウル・アルカンタラ投手の活躍をまとめた動画です。

ラウル・アルカンタラ投手は右投げの投手で現在28歳、2020年シーズンは韓国KBOリーグの斗山ベアーズで先発投手としてプレーしました。

31試合に投げて20勝2敗と言う素晴らしい成績で最多勝利投手に輝いています。

また198.2イニングを投げて182奪三振と、イニングも投げられるし三振も奪えるピッチャーです。

四死球が39と少なく、コントロールも良さそうですね。

ラウル・アルカンタラ投手のプレースタイル

150キロ台のストレートを中心に、スライダー、スプリット、シンカー、カーブ、チェンジアップなどの球種を持っているそうです。

ただ、上の動画を見るとスライダーも何種類か使い分けているようですし、ツーシームらしき球も投げているようです。

いずれにしても切れ味抜群の多彩な球種をコントロール良くコーナーに投げ分ける事の出来る素晴らしいピッチャーですね。

西投手や秋山投手をさらにえげつなくした感じでしょうか。

ラウル・アルカンタラ投手に期待するのは?

来シーズンも外国人選手を5人一軍登録(ベンチ入りは4人)できるという特別ルールが適用されるそうですので、先発投手に外国人を二人使えると思います(一軍登録を外さずにローテーションを回せる為)。

なので当然アルカンタラ投手に期待するのは先発ローテーションの一角として一年間働き、多くのイニングを消化してもらう事でしょう。

来年の先発ローテーションがどうなるかはまだ分かりませんが、現時点では

西、秋山、青柳、アルカンタラ、チェン、高橋、藤浪(抑えになるかも)

といったあたりになりそうです。

アルカンタラ投手にはできれば15勝くらいして欲しいと思いますが、とりあえずは二桁勝ってもらえれば十分ではないでしょうか。

奥大輔の阪神タイガース応援チャンネル

YouTube動画でもお話していますので、こちらも是非ご覧下さい。

【阪神タイガースについて語る動画】ロハス&アルカンタラ両獲り!? 最多勝右腕と二冠王! 過剰な期待は禁物! 分かってても期待してしまう……

【阪神タイガースについて語る動画】ロハス&アルカンタラ両獲り!? 最多勝右腕と二冠王! 過剰な期待は禁物! 分かってても期待してしまう……

ブログ村のランキングに反映されますので、良かったらこちらのバナーをクリックして下さい↓

にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ
にほんブログ村

Pocket