【阪神タイガース応援ブログ】2020年6月24日 ヤクルト×阪神 ボーアに待望の初ヒット! ガンケルが来日初登板! でも勝たないとね……

阪神タイガース
Pocket

本日の結果はこちら↓↓↓

1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪神
ヤクルト 10

スタメン↓↓↓

打順 位置 選手名 打率
1 (中) 近本 光司 .167
2 (二) 糸原 健斗 .273
3 (右) 糸井 嘉男 .333
4 (三) マルテ .462
5 (左) 福留 孝介 .200
6 (一) ボーア .000
7 (遊) 木浪 聖也 .182
8 (捕) 原口 文仁 .250
9 (投) ガンケル

2020年6月24日 ヤクルト×阪神 試合展開

・先発は阪神がガンケル投手、ヤクルトがスアレス投手

・1回裏、村上選手の内野ゴロの間に得点 雄平選手の犠牲フライ 山崎選手のタイムリーヒット

・3回表、糸井選手のダブルプレーの間に得点

・5回裏、山崎選手のタイムリーヒット エスコバー選手の内野ゴロの間に得点

・6回裏、坂口選手のソロホームラン

・勝利投手はスアレス投手、敗戦投手はガンケル投手

・ホームランは坂口選手1号ソロ

2020年6月24日 ヤクルト×阪神 トピックス

・ガンケル投手が来日初登板

・ボーア選手が来日初ヒット

・守屋投手が今シーズン初登板

2020年6月24日 ヤクルト×阪神 感想

せっかく昨日勝ったのに……

今日が大事だと思っていたら案の定またひどい試合でした。

やっぱり先制点取らないと……

先に点を与えてしまうと、相手は良いピッチャーをどんどんつぎ込めるし、こっちは勝ちパターンのピッチャーを使えなくなってしまいます(特に今シーズンは特別ルールで延長が10回までなのでなおさらです)。

それと、なぜキャッチャーを固定しないのでしょうか。

今日の試合を見ていても、原口捕手はリードも一辺倒で完全に読まれているし、盗塁もされ放題でした。

勝つ為には梅野捕手を使う以外に考えられないのですが、なぜ毎日コロコロとキャッチャーを替えるのでしょう?

試合を見ている私たちにはその意図が全く伝わってきませんし、試合をしている選手にも伝わっていないように感じます。

唯一の明るい話題といえば、ボーア選手に初ヒットが出た事くらいでしょうか。

1本出たくらいで喜んではいられないのですが、これをきっかけにして爆発してもらう以外に現状を打破する方法が思い浮かばないので、何とか明日以降も打ち続けて欲しいと思います。

動画も撮ってますのでこちらもご覧下さい。

よかったらチャンネル登録をお願いします!

チャンネル登録はこちら→ https://www.youtube.com/channel/UCMbFRG8rZS0_dRaHgCshwMA?sub_confirmation=1

Pocket