西宮市議会議員選挙(西宮市議選)に向けて

西宮市議会議員選挙(西宮市議選)立候補予定者、奥大輔について

2019年統一地方選挙の西宮市議会議員選挙(西宮市議選)に自民党推薦で立候補予定の奥大輔です。

西宮市議会議員選挙立候補者・奥大輔のポスター

いよいよ西宮市議会議員選挙が来週に迫ってきました。

公営の掲示板に掲示するポスターも納品され、本番に向けて準備を進めているところです。

こちらが西宮市議会議員選挙(西宮市議選)立候補者・奥大輔のポスターです。

選挙が始まったらこのポスターが公営の掲示板に掲示されますので、ぜひご確認下さい。

西宮市議会議員選挙に立候補するにあたっての決意表明

市民のリーダー

これまでも何度もブログ等で立候補についての決意は述べさせてもらっていますが、選挙を間近に控え、改めて決意表明をさせて頂きます。

(参考)
https://okudaisuke.com/rikkouho.html

私は市議会議員は市民の代表であると共に、市民のリーダーであるべきだと思っています。

市民の声を行政に届けると共に、行政が考える市政を市民に伝え、場合によっては理解を頂くようにご説明し、市民と行政が一体となって未来の西宮市を作っていく為の重要な仕事なのです。

この職務を責任を持って担う為には、西宮の歴史や文化、これまでの様々な町の成り立ちや経緯を知っている事と、今の西宮の抱えている課題や問題を知っている事の両方が必要です。

私の家族は代々西宮に住み、また西宮で和菓子屋を営んでいます。

西宮の、特に夙川地域の歴史や文化、環境の変遷等は他の誰よりも知っています。

またPTA会長をはじめとする様々な地域活動を日々行っており、子供たちを取り巻く環境や育児世代の抱えている悩み、また高齢者や障害者の方々が困っていらっしゃる状況等、今の西宮についても熟知しています。

これまでの西宮を作り上げて下さった先人達の想いを受け継ぎ、これからの町づくりに活かしていく事が出来るのが私の強みであり、また使命であると感じています。

若い皆様も高齢者の皆様も、また代々西宮で暮らしている皆様も移って来られて間もない皆様も、全ての市民が一緒になって町の事を考えていける環境づくりを、私が市民のリーダーとなって進めて参ります。

私の来歴、政策については以下のリンクを参照して下さい。
https://okudaisuke.com/raireki.html
https://okudaisuke.com/seisaku.html

町づくりに感じる危機感

近年、投票率の低下により議会が市民の代表として正確に機能していない状況にあると感じています。

選挙に当選してくるのは、今までのような地域に根付いて地道にコツコツと町づくりを担ってきた方々では無くなっています。

今まで何もしてこなかった候補者が「若いから」という理由だけで当選したり、別の地域から移り住んだばかりで地域の事など何も知らない候補者が「流行りの党から出ているから」という理由だけで当選したり、また親が有名な議員だというだけで本人の資質は関係なく当選したり、という議員が増えています。

チラシづくりや演説ばかり上手で、当選したら地域の事など何もしないような政治家もいます。

それ以外はほとんどが組織の票を持っている人たちです。

結局市民の事や現場の事を何も分かっていない人ばかりが集まって様々な政策を行っている現状になってしまっています。

このような議会を放置していると今は良くても、私たちの子供や孫の世代の市民にしわ寄せがいく事になってしまいます。

この状況に私は大変な危機感を持っています。

何としても議会を私たち市民の手に取り戻し、将来の西宮の町づくりの為に「市民の代表」として機能させたいと考えています。

議員と町づくり

私は町づくりは長期的な視野で考えるべきだと思っています。

西宮の町づくりに関しては、様々な紆余曲折を経て昭和30年台に一定の方向性が示され、その方向性に沿って今まで進められてきました。

(参考)
https://okudaisuke.com/shiminkensyou.html

この方向性を時代の変化に合わせてアップデートしていくのが、町づくりのあり方です。

今までの流れを無視して全然違う事を掲げ、それを「改革」等と称するのは大きな間違いです。

また無駄を無くすというのは予算を適切に使う、つまり費用対効果を上げる事であり、やみくもに支出を減らす事ではありません。

何か新しい事や大きな事を掲げたり、議員や公務員を減らす等のいわゆる「身を切る改革」といった一見聞こえの良い政策は、印象には残るかもしれませんが、私が考える本当の町づくりからは大きくかけ離れています。

議員が市民の代表として機能していないから「議員は不必要」という事になるのであり、私は市民の代表としての議員は町づくりの上では絶対に必要だと考えています。

私は当選する為だけに印象的なフレーズを使ったり、一見聞こえの良い政策を訴えたりすることはせず、本当に町づくりに大切だと思う事を地道に訴え、実行して参ります。

最後に

私は西宮に育ててもらったといっても過言ではありません。

西宮に恩も感じていますし、もちろん大好きです。

そんな西宮に何か少しでもお返ししたいという気持ちと、西宮を食い物にしている一部の人間が許せないという気持ちが、立候補の原動力です。

間もなく始まる選挙戦を精一杯頑張り抜きますので、ご支援ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。友だち追加